無知のまま鳩駆除を行なうのは危険!ハトの習性を理解しよう

赤ちゃんが感染症にかからないために鳩駆除をしよう 赤ちゃんが感染症にかからないために鳩駆除をしよう

鳩駆除の前に奴らについて調べよう

鳩駆除を安全に行なうためには、ハトについて詳しく知る必要があります。こちらではハトの習性や危険な鳩駆除について解説します。

ハトがベランダに来る理由

ハトが住みやすい環境が整っています(専門家)

ハトがベランダに住み着くことが多い理由は、住みやすい環境が整っているからです。ベランダにある室外機の物陰や、人があまり来ないような高い場所なら、安心して巣作りをすることができます。さらに室外機の排水ドレンや雨桶などがあり、近で水が流れている場合は、水を確保できるので、快適な営巣空間になります。人間だけではなく、カラスや猫などの天敵から身を守ることもできるので、ベランダは営巣場所として最適です。そのためハトは、よくベランダに来て、安全な場所かどうか確認をしているのです。

巣があるからと言って手を出すのはダメ

自宅でハトの巣を見つけると、すぐに追い払いたくなるものです。しかし鳩駆除に関する知識がないまま、追い払おうとしたり、巣を壊したりすると、健康被害を受ける可能性があります。ハトの羽毛には、ダニやノミが大量に付着してしまいますし、乾燥した糞には病気の原因菌が含まれています。ですからマスクと手袋を装着した上で、ハトを追い払うようにしましょう。許可を取らずに、ハトを傷つけたり、卵がある巣を駆除したりすると鳥獣保護法違反になります。安全に鳩駆除を行なうためにも、鳩駆除業者を利用したほうが良いです。

ハトは害鳥

ハトから受ける被害は色々ありますが、代表的なものは、糞害です。ハトの糞には、様々な病原菌を含んでいます。そのため乾燥して飛散すると、人間の体内に入り、重大な健康被害を受ける恐れもあるのです。

TOPボタン